JAIFの中小企業支援

背景

中小零細企業(MSME)は、ASEAN経済における、重要な成長の原動力である。

中小企業(MSME)開発のための日・ASEAN協力は、改訂日ASEAN10か年戦略的経済協力ロードマップ(2016-2025)」にまとめられている。特に「ASEANの経済統合」を促進するため、日本とASEANは、「ASEAN中小企業発展のための戦略的行動計画 2016-2025(SAP SMED 2025)」に基づき、ASEAN加盟国向けに特別組まれたプログラムを通じて、地域の生産ネットワークにおける中小企業の競争力を高めるための協力を続けている。

支援分野と
主な貢献

日本は、日ASEAN経済産業協力委員会(AMEICC)を通じて、これまでの「ASEAN中小企業戦略的行動計画(SAP SMED 2015)」の評価を踏まえ、ASEANの「ASEAN中小企業戦略的行動計画 2016-2025(SAP SMED 2025)」の策定を支援した。

ASEANの「ASEAN中小企業戦略的行動計画」の戦略的目標や、これまで実施したJAIFプロジェクトの主な成果を踏まえた、JAIFの支援分野は以下の通り。また、戦略的目標の下でのKPI(重要業績評価指標)をモニタリングするための包括的な支援は、2016年から2020年にかけてJAIFが実施したものである。



ASEAN地域における、5つの産業に関する調査報告書 カンボジア、フィリピン、タイ、ベトナムのケーススタディを含む、ヘルスツーリズムに焦点を当てたクラスター研究

中小企業信用格付け手法についてのASEANベンチマーク

ASEAN中小企業 輸出のための参考ガイドブック

一村一品運動(OVOP)を通じた農村の生活改善に関するASEANガイドライン

ASEAN Access


ASEAN Strategic Action Plan for SME Development 2016-2025: 2020 KPI Monitoring Report

起業家ネットワークのためのASEANメンター制度(AMEN)

ASEAN Youth Creative Industry Fair (AYCIF)

ASEAN 中小企業スタッフ交流とインターンシップについてのガイドブック

「ASEANスモールビジネス競争力強化プログラム」プロジェクト

ASEANにおける起業家精神についての共通カリキュラム

「起業家ネットワークのためのASEANメンター制度(AMEN)フェーズ2」は、AMENメンターシップ機構を設立し、新たに100人のメンターを登録するとともに、ASEAN全加盟国の少なくとも300の中小企業を支援することを目指して実施されている。さらに、「ASEAN統合イニシアチブ(IAI)作業計画III」の下で、MSMEのプロジェクトが現在進行中である。具体的には、「CLV(カンボジア、ラオス、ベトナム)の起業家・中小企業向けビジネス計画作成訓練が実施されている。このプロジェクトは、中小企業の事業計画書作成に関する知識とスキルを高めることで、カンボジア、ラオス、ベトナム(CLV)が、その経済的潜在力を発揮できるよう支援をすることを目的としている。

2023年11月30日 現在